医療事務の仕事内容は?業務の種類や活躍する場所について解説します!

医療事務の仕事内容は?業務の種類や活躍する場所について解説します!医療事務
医療事務

医療事務の仕事内容は?

病院・クリニックの受付窓口での患者様の対応から、診療報酬請求(レセプト作成)など様々な業務を行うのが、医療事務の仕事です。

医療事務は、医療用語の知識や、レセプト作成などのスキルが必要な専門職。正確な仕事が要求されるので、細かい作業を苦にしない人は向いているでしょう。

また、患者の応対や、看護師・医師との連携が必要な仕事なので、人と接することが好きな人も向いているでしょう。医療の現場を支えるやりがいのある仕事です。

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務の仕事内容

医療事務の主な仕事内容は下記の通りになります。

【受付業務】
保険証の確認、電話応対

【会計業務】
患者の診療費の精算

【病棟クラーク業務】
入退院時の手続き、診察内容の記録

【カルテ管理】
カルテの整理、持ち運び

【レセプト業務】
診療報酬明細書の作成

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務の活躍場所は?

病院、クリニックなど、医療事務の資格が必要とされる現場は多彩です。医療機関は全国にありますので、引越しなどをした際にも新しい勤務地を探すことができます。

医療事務の資格は医科・歯科に分かれており、歯科医院・歯科クリニックへの就職を目指す方は、歯科の資格を取っておくといいでしょう。

【主な活躍場所】
・病院
・クリニック
・歯科医院
・歯科クリニック
・保険薬局
・介護施設 など

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務への就職

医療事務の求人案内を下記の表にまとめました。事務系の仕事と、医療現場に勤める看護助手の求人案内とともに比較参照してみてください。

項目医療事務看護助手事務系
給与月給153,000円
時給900円
月給192,000円
時給970円
月給183,000円
時給930円
勤務時間9:00~18:008:00~16:009:00~18:00
休暇日祝/その他シフト制シフト制土日祝
経験の有無経験者歓迎未経験者可能未経験者可能

地域や時期、集計方法によって求人案内は異なりますが、医療事務の給与が他の二つの仕事に比べて低い結果になりました。

勤務時間については3つの仕事に大きな違いはありません。8時から9時のあたりを就業開始時間にする会社が多いので、通勤時間帯は混みやすいかもしれません。

お休みについては、日曜日が固定の休みになり、その他一日がシフト制で休めます。家族が日曜日休みの場合、休日を合わせられるメリットがあります。その他一日がシフト制でお休みなので、土曜日を休みにして土日を連続休みにしたり、観光地などが空いている平日に休みをとることもできます。

就活の際、医療事務では経験者の方が有利になる場合があります。経験者が優遇されているということは、一度経験を積んでしまえば医療事務に再び就職する際、未経験者よりも有利になるとも言えます。出産や子育て、様々な事情で仕事を離れたとしても、医療事務であれば仕事に戻りやすいと言えるでしょう。

これらの勤務状況を見ると、給与が高く、未経験でも始められる看護助手と事務系の仕事の方が、条件が良く見えます。しかし、この表にまとめた以外にも、勤務条件は様々あります。

医療事務の勤務場所は、上記でもまとめましたが全国にあります。急な引越し、転職をする際にも、仕事場所を見つけやすいメリットがあります。看護助手の働き場所である病院も全国にありますが、医療事務では歯科医院や保険薬局、介護施設など勤務候補が多くあるという利点があります。

医療事務の仕事は、給与面では低く感じるかもしれませんが、それ以外のメリットがあります。給与面だけではなく、様々な面から医療事務のメリット、デメリットを考えてみるといいでしょう。

医療事務でプラスに持ちたいスキル

医療事務の現場では、様々な仕事を任せられることがあります。医療事務の資格以外に持っていると役にたつスキルを紹介します。

ワード、エクセル

ワード・エクセルは、医療事務に限らず多くのデスクワークで求められるスキルです。 文書や資料作成は多くの場面で必要となるので、学んでおくと役に立つスキルです。

様々なスクールから、通信・通学講座が出ています。一度資料を見て、医療事務と一緒に受けてみるのもいいでしょう。

>> マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座の一括資料請求(無料)

接客業

病院などでは受付業務も行います。その際、接客業のスキルがあると活かすことができます。

病院などを訪れた方に、気持ちよく帰ってもらうのも医療事務の大きな仕事です。患者の方々の様々な要望にも、笑顔で迅速に処理できることが臨まれます。人との関わりが多い仕事についていた方は、そのスキルを活かせるでしょう。

電話対応

患者の方からの受付時間などについての電話対応や、内線電話への対応も医療事務の仕事に含まれます。

日常生活での電話のやりとりとは違い、相手が何を求めているのかを理解し、聞いた内容を的確にまとめて伝えるスキルなどが必要になります。社会人などで電話対応を行った経験があれば、活かすことができるでしょう。

医療事務の就職に経験は必要?

医療事務へ就職の際、経験者が優遇されるケースは多くあります。しかし、未経験者でも働くことは十分に可能ですその際持っていると有利になるのが、医療事務の資格です。

もし複数の求職者が同じような条件であれば、資格を持っている方が有利になりやすいでしょう。医療事務の資格を取得していれば、医療事務に関する知識やスキルを有していることを証明でき、医療事務の仕事に就きたいという大きなアピールにもなります。

医療事務の経験がなくても、医療事務の資格を得たり、その他のスキルなどを身に付けることで、経験者との差を縮めることもできます。

医療事務の仕事を探すことも重要ですが、未経験者の方はまず医療事務の講座を探し、資格取得から始めてみると、より早く仕事に就けるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました