元介護事務員が介護事務の基本的な7つの業務をご紹介します!

元介護事務員が介護事務の基本的な7つの業務をご紹介します!介護事務
介護事務

元介護事務員が教える介護事務の仕事内容

「介護事務に興味はあるけど、どんな仕事をしているのかよく分からない…」という方へ!介護の基本的なお仕事内容を紹介します。

仕事内容について事前に知っておくと、入社してから「思っていたのと違った」と後悔することがなくなります。さらに仕事のイメージができていれば、活躍しやすくなります!

ここでは、介護事務の仕事内容について詳しく解説。必要なスキルも説明しているので、ぜひ参考にしてください。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

介護事務は介護職をサポートするお仕事

介護事務とは、介護施設で働く事務員のことです。「事務員」と言われても、経験したことがないと、あんまりピンときませんよね。そこでまずは、介護職との違いについて説明します。

介護職とは、利用者が快適に生活できるようにお手伝いするお仕事。いわば介護現場のプロです。一方、介護事務のお仕事は介護職をサポートすることです。仕事内容は、備品発注や来客対応などのデスクワークがメインなので、現場に入って介護することはありません。

介護事務の仕事や求人に興味を持ったら、画像をクリックして「介護事務の資格を取得できる講座」を比べてみましょう。ここからは、具体的なお仕事内容についてみていきましょう。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

介護事務の仕事内容とは?基本的な7つの業務

介護施設には、次のようにいくつか種類があります。

・特別養護老人ホーム
・介護付有料老人ホーム
・介護老人保健施設
・グループホーム
・サービス付高齢者住宅

施設によってサービス内容は違いますが、介護事務の仕事内容に大きな違いはありません。そこで、ここでは介護事務の仕事内容をご紹介します。

1.介護報酬請求

介護報酬請求は、もっとも大切な介護事務のお仕事の一つです。なじみのない言葉なので、少し難しいかもしれませんね。

簡単に言うと「今月は、○○円支払ってください」と国に請求することです。介護サービスは費用が高いため、利用者が全額払うのは大変です。そこで、国が利用料の9割を負担し、利用者の代わりに介護施設に支払います。

例えば、1泊10,000円で泊まったとき、利用者は1,000円を介護施設に支払います。そして残りの9,000円は国が介護施設に支払うようなイメージです。このとき、国が支払う9,000円を介護報酬と言います。

介護施設にとって介護報酬は重要な収入源。介護事務は、介護報酬をもらうために、請求書を作って請求します。

2.利用者用の請求書を作成

介護報酬を国に請求したら、残りの1割を利用者に請求します。このときの請求書を作るのも介護事務のお仕事です。

この請求書も「引き落とし締め切り日」に間に合うように、作成しなければなりません。毎月一人一人の請求書を作って請求するまでが、介護事務のお仕事です。

3.備品発注

介護事務は、テープや封筒などの備品発注も行います。おむつやゴム手袋など、介護職の方が必要とする備品もチェックし、足りなくならないように発注します。

4.電話対応

事務所での電話は、基本的に介護事務が受けます。問い合わせの電話は、市役所や利用者の家族からかかってくるのが一般的です。

電話対応では、「誰から、どのような要件か」を聞いて、適切に対応します。サービス内容など、自分で答えられることはその場で回答し、自分で対応できないときは担当者に取り次ぎます。

業者からの電話の場合、「誰に用事があるのか」を伝えてくれるので、基本的には取り次ぐだけ。自分で対応することは少ないので、とくに困ることはありません。

一般の方の場合、誰に電話をすればいいか分からないまま、かけてくることがあります。そのため、しっかり要件をヒアリングするのが大切です。

電話対応は緊張するかもしれませんが、専門用語について勉強しておくと、かなり楽になります。

5.来客対応

来客対応とは、業者や新規の利用者が来たときの対応です。お客さまが来る日はあらかじめ決まっているので、人数と来客時間を確認しておき、お茶の準備や室温を調節しておきます。

とくに、初めて来る人にとって、第一印象はとっても重要。お客さまが過ごしやすいように気を配るのが大切です。

6.勤怠管理

給料計算などの勤怠管理も介護事務のお仕事です。職員の給料に関わるので、間違いのない正確な作業が求められます。夜勤がある施設だと、1カ月のシフトを確認しながら夜勤手当の計算なども行います

7.施設整備

冷暖房が効かなかったり、電気がつかなかったり、設備トラブルが起きたときの対応も介護事務が行います。また介護に使う設備が故障しているときは、介護職にも状況を説明して一緒に対策を考えることもあります。

これらの7つが介護事務の主な仕事内容です。計算や資料作成などのデスクワークが中心。仕事内容に求められるスキルを知っておくと、スムーズにお仕事ができます!

そこでここからは、介護事務で必要なスキルを3つ紹介します。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

介護事務に求められる3つの能力

介護事務に必要な能力は、大きく分けて3つあります。

納期を守り仕事をてきぱき進める力

介護事務では、納期を守ることがとにかく重要です。納期に遅れると、介護報酬を国からもらえなかったり、大問題につながることもあります。そのため納期に遅れないように、てきぱきと仕事を片付けていく力が必要です。

コミュニケーション能力

事務所には一般の方からの電話もかかってきます。このとき、専門知識で説明すると、相手にうまく伝わらないことがあります。なので、難しいことをかみ砕いて説明できるコミュニケーション能力も問われます。

介護保険の知識

なにより、介護保険について理解しておくことが重要です。介護業界は人員不足なので、知識を身につけていなくても未経験で採用してもらうことはできます。

しかし、介護事務の仕事をするためには、介護保険の知識が無くてはなりません。また、保険制度は3年に一度改定されますので、その都度新しい知識を身に着ける必要があります。さらには、基礎知識に加えて現場での実践スキルやその職場のルールも覚えなくてはならず、未経験から始めた方からは、「覚えることが多すぎて覚えられない」という声を聴きます。

介護事務は毎月介護報酬の請求をしなくてはならず、月末は忙しくなり周りのスタッフも苛立っていることがあります。そんな中で基礎的なことでつまずいていると周りのスタッフから疎まれて職場での人間関係にも影響することがあります。

そうならないためにも、未経験から介護事務にチャレンジする方は資格取得に向けて勉強する中で、介護事務の基礎知識を身に着けておきましょう。言葉を知っておくだけでも、「介護について勉強している」と周りも分かるので、仕事を任されやすくなります。

また、介護保険について詳しい人は少ないため、理解している人は貴重な人材として重宝されます。例えば、よく勉強しているとすぐに仕事を任せてもらえるので、役職につきやすくなり、昇級のチャンスも広がります。

まとめ

介護事務の仕事内容・必要なスキルについて紹介しました。

介護事務は、介護職が働きやすくなるためのサポート役。高齢化が進むと介護施設を利用する人が増えるため、介護事務の需要が高まります。

介護事務になるために必要な資格はないので、無資格でも採用されます。しかし何も知らない人より、介護保険について知っている人が有利です。

入社してからだと、仕事内容を覚えるのが大変でじっくり勉強できません。そのため、転職するまでに、「介護事務のノウハウ」が学べる講座で勉強しておきましょう。ぜひ介護保険の知識を身につけて、即戦力として活躍してくださいね!

介護事務講座の比較に役立つ!無料パンフレット

本サイト「メディクラ」では、介護事務の資格講座のパンフレットを無料で申込むことができます。

講座選びで気になるポイント
「1番安い講座はどれか?」
「自分の希望条件に合う講座はどれか?」
を一括で比較できる
ので、講座選びの参考にお役立て下さい。パンフレットを読んで具体的なイメージを掴み、モチベーションもアップさせちゃいましょう!

下記のリンクより、通信講座またはお住いの都道府県を選択してパンフレット送付をお申し込み頂けます。

>>介護事務講座の無料パンフレットを申込む

タイトルとURLをコピーしました