介護職の仕事内容や1日のスケジュールを公開!

介護職の仕事内容や1日のスケジュールを公開!介護事務
介護事務

介護職の1日

介護職は、シフト制で働くところがほとんど。

朝から夕方までシフトなら、一般的なお仕事と時間帯に差はありません。ただ、夜勤については「長くて大変そう…」「1人体制って聞いたけど、休憩できないの?」と不安かもしれませんね。でも、実は夜勤だからこそのメリットもあるのです。

そこで、ここでは実際に特別養護老人ホームで働いていた筆者が、介護職の1日の流れについて、詳しくご紹介。仕事の内容も合わせて説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

介護職の働き方は大きく分けると2つ

介護職の働き方は、大きく分けると次の2つです。

・日勤
・夜勤


日勤は、朝から夕方までの勤務。一方、夜勤は夕方から翌日の朝までの仕事で、1回やるごとに5,000円ほどのお金がもらえます。日勤は、基本的にどの介護施設でもあるシフト。夜勤は、施設によってあるところとないところがあります。

夜勤があるのは、「入所型」と呼ばれる高齢者が住み込むタイプの施設です。入所型の施設には、次のような種類があります。

・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・グループホーム
・介護老人福祉施設


これらの施設で介護職として働けば、日勤と夜勤があると考えましょう。次は日勤と夜勤、それぞれの仕事の流れについて説明します。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

日勤の仕事の流れ

日勤の仕事は、朝から夕方まで。基本的には、2人~3人で働きます。具体的に始まる時間は施設によって違いますが、ここでは特別養護老人ホームの日勤(9:00~18:00)を例に説明します。

8:45~9:00 出勤、ミーティング

15分前には出勤して、制服に着替え。働き出す前に、身だしなみも整えておきます。9:00になる前に、夜勤の介護職からの申し送りを確認。「○○さん、少し寝つけなかったみたいなので、少し疲れているかも」など、夜の様子に問題はなかったか、情報を共有しておきます。

9:00~11:00 入浴準備、入浴、部屋の掃除

9:00~11:00までは、役割分担してお風呂の準備をしたり、部屋の掃除をします。

入所型の施設では、高齢者は朝に入浴するのが一般的です。入る順番を決めて、着替えやタオルを持ち、お風呂まで誘導。

体を洗い、着替えて部屋に戻ったら、次の高齢者の入浴準備をします。高齢者が入浴している間に、部屋を掃除。シーツの交換やトイレの掃除も行い、高齢者が過ごしやすい空間にします。

11:00~12:30 食事準備と食事の配膳

11:00~12:30は、高齢者の食事をします。人によって、食べやすいように食事をやわらかくしているため、間違いないように配膳します。また一人で食べられない高齢者には、食べるお手伝いをすることも。

「おいしいですか?」「何から食べますか?」など、高齢者とコミュニケーションもとれる大切な時間です。

12:30~13:30 休憩

交代でお昼ご飯を食べます。休憩室でご飯を食べたり、食堂がある場合は食堂で食事をします。他の職員とも、たわいない会話ができる時間です。

13:30~14:30 レクリエーション

13:30~14:30は、レクリエーションを行います。みんなで歌を合唱したり、風船を使ったスポーツや釣りのゲーム、習字、パズルなど種類はさまざま。体を動かしたり、頭を使うことで、認知症の予防にも役に立ちます。

また、「大きな声で話す方が、実は習字がとても好きだった」など、知らなかった一面が見られるのも、レクリエーションの楽しみです。

14:30~15:30 おやつ・お茶

14:30~15:30は、おやつやお茶をします。レクリエーションで体を動かした後、ほっと一息いれる時間です。

15:30~17:00 食器の片付けやトイレのお手伝い、行事の準備、ミーティング

15:30~17:00は、おやつで使った食器の片付けをしたり、トイレを手伝います。体が不自由な方にはトイレに付き添い、おむつをしている方はおむつの交換です。時間があいたときには運動会や夏祭りなど、行事の準備をすることも。

さらに、3週間に1回、同じ階の介護職員と看護師、管理栄養士でミーティングをします。高齢者一人ひとりの接し方やケアの方法など、困ったことがないかみんなで話し合いをして、解決するのです。

17:00~18:00 ケアの記録、夜勤へ申し送り、退勤

17:00~18:00は、高齢者の1日の様子や症状、ケアしたことについてパソコンで記録します。パソコンには記録用のソフトが入っているため、フォーマットに従って書けば問題ありません。18:00には夜勤の人が出勤するため、すぐ申し送りできるようにしておきましょう。

フロアで高齢者を見守りつつ、記入が終わったら退勤です。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

夜勤の仕事の流れ

次は夜勤の仕事の流れについて、説明します。夜勤は、基本的に夕方から翌日の朝まで。今回は特別養護老人ホームの夜勤(18:00~翌朝9:00)の仕事の流れを説明していきます。

17:45~18:00 出勤、申し送り

15分前には出勤して制服に着替え。日勤の介護職から、昼の高齢者の様子をしっかり聞いて、仕事に向かいます。

18:00~19:00 夕食の準備、食事や薬を飲むお手伝い

18:00~19:00は高齢者の夕食を準備。さらに、食事や食後の薬を飲むお手伝いをします。食事が終わったら就寝するまで、高齢者はゆっくり過ごします。リラックスしていられるよう、穏やかに接しましょう。

19:00~20:00 就寝のお手伝い

19:00~20:00は、落ち着いて就寝できるようにお手伝いをします。寝る前に歯を磨いて、パジャマに着替え。トイレの誘導や付き添い、おむつ交換を行った後、ベッドへ移動するお手伝いをします。

20:00~0:00 巡回・記録

20:00~0:00は、1~2時間に一回、高齢者の体調や呼吸の様子を確認する「巡回」を行います。高齢者に合わせて、寝返りのお手伝いをしたり、トイレへの誘導、おむつの交換もします。

巡回の間に、介護記録を作成します。

0:00~6:00 休憩や巡回、トイレのお手伝い

介護記録が終わったら、休憩に入り、仮眠を取ります。自分で持ってきた軽食を食べることもできます。時折巡回をしたり、トイレのお手伝いをしたりしながら朝を迎えます。

6:00~8:30 起床、着替え、洗面、朝食の手伝い

6:00になったら、一人ひとり起きるお手伝いを始めます。もし朝に弱い高齢者がいれば、一度「朝食の時間ですよ」と声をかけてから、別の高齢者を起こしに行くなど臨機応変にするのがポイント。

食卓に誘導して、会話をしながら高齢者とコミュニケーションをとりましょう。

8:30~9:00 食事の片付け、日勤に申し送り・退勤

8:30になったら、朝食で使った食器の片付けをします。日勤スタッフが出勤したら、夜の高齢者の様子を伝えて、仕事が終了です。

このように、日勤と夜勤では1日の仕事の過ごし方が違います。夜勤は寝ている高齢者の見守りなので、時間に追われることはあまりありません。

しかし、やはり「勤務時間が長いと、体力が持たない」という介護職もいるのも事実。そこで、勤務体制を変えている介護施設も増えてきています。最後に、介護職の勤務体制について説明します。

施設によって、勤務体制が変わる

介護施設によって、介護職の1日の働き方は次の3つのように違ってきます。

・2交代制:日勤(9:00~18:00)夜勤(18:00~翌朝9:00)
・3交代制:日勤(9:00~18:00)遅番(12:00~21:00)夜勤(21:00~翌朝9:00)
・4交代制:早番(7:00~15:00)日勤(9:00~18:00)遅番(13:00~22:00)夜勤(22:00~翌朝9:00)

現在、日本の介護施設では2交代制がもっとも多いと言われています。

2交代制であれば、夕方から勤務するため、高齢者が起きているときの様子を自分の目で確かめられます。そのため介護職にとって「○○さん、確かに体調悪そうだな…」と状況を把握しやすいのです。

また、夜勤があけた当日と翌日も必ず休みになります。 勤務時間は長くても、2日間休むことができるので2交代制をとっているところが多いのです。

3交代制や4交代制にすると、夜勤あけの当日しか休みではありません。しかし、一人当たりの負担が軽くなるため、「仕事が多い…」というストレスはなくなります。

どちらが自分の働き方に合っているか考えて、施設を選ぶようにしましょう。

まとめ

介護職の1日について、紹介してきました。

入所型の施設では、日勤だけでなく夜勤のシフトもあります。ただし介護職の勤務体制は、施設によってさまざまです。介護職として働こうと思っている方は、自分の生活や体力をよく考えて、施設を選びましょう。

ただし、正職員でもパートでも仕事の内容は変わりませんが、時給が変わってきます。資格を持っていると採用されやすいだけでなく、パートでも時給が高くなるので、取得するのがオススメです。

ぜひこの記事を参考にして、介護職として活躍してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました