介護事務に向いている人とは?仕事内容や必要なスキルも合わせて紹介します。

介護事務に向いている人とは?仕事内容や必要なスキルも合わせて紹介します。介護事務
介護事務

介護事務に向いている人とは

介護事務に向いている人は、総合的に言うと「縁の下の力持ち」のタイプといえます。

介護現場で主役になるのは、高齢者と、高齢者の生活をお手伝いする介護職です。一方、介護事務の役割は、介護職が働きやすい環境を作ること。直接現場に出ることはないものの、介護現場を支える大切な仕事です。

しかし、介護現場を支える「縁の下の力持ち」とは、具体的にどんな人なのか、ピンときませんよね。この記事では、介護事務に向いている人について、詳しくご紹介。仕事内容や必要なスキルも合わせて紹介します。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

デスクワークが苦にならない人

介護事務には、デスクワークが苦にならない人が向いています。なぜなら、介護事務の仕事は基本的にデスクワークだからです。

デスクワークとは、電話対応やパソコンを扱う仕事のこと。長時間イスに座り、書類の整理や電話対応を続けても、嫌にならない人が向いているでしょう。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

数字が苦手でない人

介護事務は、数字に苦手意識がない人が向いています。なぜなら、介護報酬や職員のお給料、帳簿を計算する仕事がメインだからです。

介護報酬とは、高齢者が施設を利用したときに払う料金のこと。料金の9割は市町村が払い、残りの1割を高齢者自身が払います。

計算自体は、足し算と引き算ができれば全く問題ありません。一ヶ月ごとに、高齢者一人ひとりの料金を計算し、まとめて市町村に提出します。ただし、1円でも間違いがあれば、データの再提出を求められます。再提出になると、料金は1円も施設に入金されません。

介護報酬は、いわば介護施設の売上介護施設の運営や、職員の給料にも使われるため、とても責任感のある仕事です。「数字は見るだけで嫌になる・・・」という方には、向かないでしょう。

介護事務の講座を比較 無料で資料請求できる

コツコツと、期限までに仕事を片付ける人

介護事務は、コツコツと仕事を進めることが得意な人にも向いています。なぜなら、介護報酬に必要な書類の提出期限は、毎月決まっているからです。

期限を守って提出しないと、施設にお金が入ってきません。提出期限に間に合わせるためには、コツコツと仕事を進めることが求められます。一気に仕上げても問題はありませんが、どうしても計算ミスしてしまうもの。計算が合わないと結局再提出になり、お金も入ってこなくなります。

地道な作業にねばり強く取り組み、仕事を片付けていくことに達成感を覚えるという人が、介護事務に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーションがとれる人

介護事務は、さまざまな人とのコミュニケーションが得意な人に向いています。なぜなら職員だけでなく、高齢者やその家族、業者など、立場が違う人と話をする機会が多いからです。

例えば、業者から電話がかかってきたら、要件をしっかり聞き取り、担当の職員へつなぎます。高齢者や家族から、電話がかかってきたときも同じ。相手と話をしたときに、安心させることのできる人が求められます。

しかし、人によっては加齢で滑舌が悪くなり、声が聞き取りづらいことも。そのため、相手の立場になって考えながら話ができる人に、介護事務は向いていると言えます。

介護の仕事は、チームプレイ。「自分一人の方が、力を発揮できる!」という方には向いていないでしょう。

介護の業界に、熱意がある人

介護事務に向いているのは、介護や福祉の業界に、熱意を持っている人でしょう。なぜなら、事務職でありながらも、介護現場を支える一員になるからです。

主な仕事はデスクワークとはいえ、現場で実際に働いているのは介護職やケアマネジャー。施設の整備や電話の対応の仕方など、一緒に業務を考えながら進めていくことも多くあります。

「私は事務作業だけしたい。介護業界には興味がない。」という人には、少ししんどい時があるかもしれません。社会における介護の重要性や必要性を理解し、介護業界を支える一人として、誇りをもって仕事をする姿勢が大切といえます。

以上が、介護事務に向いている人です。とくに大切なのは、コミュニケーションと介護業界への熱意。計算が苦手でも、何ヶ月か仕事をしていくうちに慣れていきます。

しかし、コミュニケーションをとるには、介護の知識もある程度は必要です。次からは、介護事務に必要なスキルについて、ご紹介します。

介護事務に必要なスキル

次に、介護事務に必要なスキルについて紹介します。 基本的に、特別な資格や事務の経験がなくても、介護事務になることはできます。しかし、介護事務を目指すのであれば、次の2点は知識・スキルとして身につけておくべきです。

・介護保険制度
・介護報酬請求の流れ


どうして必要なのか、それぞれ説明します。

介護保険制度

介護保険制度の知識があると、介護事務になったとき役に立ちます。介護保険制度は、介護事務の仕事に直接関わるからです。

介護保険制度は、介護業界のお金の動き方を示しているもの。介護施設と市町村の関係や、介護施設がお金を受け取る仕組みなど、介護事務の基礎を学べます。

コミュニケーションが得意な方が勉強すれば、働き出したばかりでも、高齢者や家族と信頼関係を築くことができることも。

未経験で介護保険制度について詳しい人は、少ないのが現実です。実際に働く前に知っておくと、「介護業界で活躍したい!」という熱意を、面接で伝えることもできますよ。

介護報酬請求

介護事務を目指すならば、介護報酬請求についても勉強しておくと良いでしょう。介護報酬請求は、介護事務の仕事でメインになるからです。

介護報酬を請求する流れや、計算するところを知っておくと、入職したばかりでも、スムーズに仕事ができます。スムーズに仕事ができると、職場の上司にも信頼を得られやすいもの。知っておいて損はありません。

以上が、介護事務になったとき役に立つスキルです。入職してから勉強したり、上司に聞いても問題はありませんが、事前に勉強しておくと、自分の長所を増やすことができます。

「自分の力だけだと、自信がない」という方は、講座を利用するのがおすすめです。ネットで資料請求ができるので、気軽に家で勉強できますよ。

まとめ

介護事務に向いている人について、紹介しました。介護事務の仕事には、コツコツ仕事に取り組める人や、コミュニケーションが得意な人に向いていると言えるでしょう。ただし、「介護業界」に対する熱意を持っていることが何よりも重要です。

介護保険制度や介護報酬請求について知っておくと、自分の強みを増やせます。今はネット講座で勉強できるところもあるので、時間がなくても気軽に勉強が可能です。

分かりにくい点もテキストにまとめてくれるので、しっかり知識を身につけることができますよ。介護事務になろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました