歯科医療事務と医科医療事務の違いは?試験内容や各資格のメリットなどを紹介!

歯科医療事務と医科医療事務の違いは?試験内容や各資格のメリットなどを紹介!医療事務
医療事務

医療事務 医科・歯科の違い

医科は診療科を問わず、歯科は歯科分野の知識に特化

医療事務資格は医科・歯科に科目が分かれているものがあり、どちらかを選択して試験を受けます。

医科は、歯科を除くすべての診療科での保険請求事務や医療用語の知識などについて問われ、歯科では歯科での保険請求事務や歯科に関する知識などが問われます。

通常、医療事務と言えば医科を指すことが多く、歯科医院で働きたいという具体的な目標がない限りは一般的に医科を選択します。歯科に比べて幅広い知識を求められる反面、働ける場所の選択肢も広がります

歯科は、試験範囲が歯科に関する分野に限定されるので学びやすいと言われています。歯科医院・歯科診療所で働きたい場合は歯科を選択します。

「医科」「歯科」が選択できる医療事務試験で、主だったものを下記にご紹介します。
診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務管理士(R)技能認定試験
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医科と歯科、どちらの資格が有利?

就職先の幅広さを求めるなら医科

医療事務資格の医科と歯科では就業に適した診療科が異なります。
医療事務として仕事をしたいという方、診療科に特別のこだわりのない方は医科を選択する方が幅広い就職先を望めるでしょう。

歯科クリニックに就職希望なら歯科

歯科医院・歯科クリニックへの就業を希望される方は、歯科を選択するのがおすすめです。
病院・クリニック・歯科医院とも全国にあり、医科・歯科どちらかが就職に不利ということはないので、自分の希望の就職先・目的に沿って選択しましょう。

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務講座の比較に役立つ!無料パンフレット

本サイト「メディクラ」では、医療事務の資格講座のパンフレットを無料で申込むことができます。

講座選びで気になるポイント
「1番安い講座はどれか?」
「自分の希望条件に合う講座はどれか?」
を一括で比較できる
ので、講座選びの参考にお役立て下さい。パンフレットを読んで具体的なイメージを掴み、モチベーションをアップさせましょう!

下記のリンクより、通信講座またはお住いの都道府県を選択してパンフレット送付をお申し込み頂けます。

>>医療事務講座の無料パンフレットを申込む

タイトルとURLをコピーしました