医療事務の資格は難しい?資格ごとの難易度を徹底比較!

医療事務の資格は難しい?資格ごとの難易度を徹底比較!医療事務
医療事務

医療事務の資格って難しい?

初心者の方でも2~6ヶ月で合格を目指せる!

試験によって難易度は異なりますが、初心者の方でも2~6ヶ月程度で合格を目指せます。

とはいえ、医療分野の専門用語の知識が必要で、診療報酬明細書作成のスキルが問われますので、資格を取得するには相応の学習と試験対策は必要です。

受験資格を設けていない試験でしたら、独学での受検もできますが、確実に合格を目指すには医療事務講座の受講がおすすめです。医療事務講座には料金や受講期間、対応資格が異なる様々なものが出ています。主な通信通学講座をまとめたページも参考にして、自分に一番合った講座を探し、資格取得を目指してください。

一番安い医療事務講座|費用の比較 >>

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務の試験について

試験はノート・資料持ち込み可能!

医療事務資格の認定試験は、基本的にノート・資料などの持ち込みが可能なので、暗記は必要ありません。ただし、学科のほか、レセプト作成の実技試験もありますので、演習を重ねてしっかり対策する必要があります。

試験は月1回~年2、3回ペースで実施していることが多く、万一、試験に落ちた場合も再チャレンジしやすくなっています。また、いくつかの通信講座では、受講後に在宅で資格認定試験を受けられる場合があります。

医療事務資格は、根気よく学習を続ければ、決して取得できない資格ではありません。

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

それぞれの資格の難易度

代表的な医療事務資格を難易度別にご紹介!

資格の難易度は、合格率だけでは分かりません。合格率は、合格基準、受験者の学習レベルや受験回数によっても変わってきます。 合格率は一つの参考指針とし、資格取得までの学習期間や合格基準、試験回数なども見ながら、資格の難易度を考えるといいでしょう。

項目診療報酬請求事務能力認定試験医療事務管理士®技能認定試験医療事務技能審査試験医科2級医療事務実務能力認定試験
学習期間4~9ヶ月4~5ヶ月3~6ヶ月3~6ヶ月
試験実施回数年2回年6回医科:年12回
歯科:年6回
年3回
合格率医科37.5%
歯科35.5%
医科74.8%
歯科75.5%
60%~80%
合格基準「学科」医科55点以上/歯科80点以上 ※1)85点以上学科、実技で70%以上原則60%以上
合格基準「実技」医科85点以上/歯科75点以上各問題で60%以上かつ、3問の合計で85%以上
資料の持込み可能可能可能 ※2)可能

※1)医科学科のみ95点満点。その他100点満点。
※2)実技I(記述式)のみ持込み不可。

合格を目指しやすい医療事務資格で、代表的なのは「医療事務技能審査試験(メディカル クラーク®)」「医科2級医療事務実務能力認定試験」「医療事務管理士®技能認定試験」などになります。これらの試験は、いずれも合格率50~80%程度です。

医療事務資格の中でも「診療報酬請求事務能力認定試験」は、知名度が高く、就職活動でもアピールしやすい反面、難易度が高いと言われ合格率は30%程度と、医療事務資格の中では低くなっています。しかし、就業場所によっては資格手当の対象になっているなど、取得すればメリットの大きい資格です。

医療事務の資格が医科と歯科で分かれている場合に、医科の合格率が低くなっています。医科の内容では、歯科以外全ての診療科についての請求業務内容が範囲です。それに対して、歯科では歯科医院で働くことに特化した内容になっています。範囲の広さが、合格率に出ていると考えられます。

下記リンク先ページに、それぞれの試験に対応した講座一覧がまとめてあります。受講を考えている方は、そちらも参考にして、試験に挑戦してみてください。

一番安い医療事務講座|費用の比較 >>

医療事務の講座を比較 無料で資料請求できる

医療事務講座の比較に役立つ!無料パンフレット

本サイト「メディクラ」では、医療事務の資格講座のパンフレットを無料で申込むことができます。

講座選びで気になるポイント
「1番安い講座はどれか?」
「自分の希望条件に合う講座はどれか?」
を一括で比較できる
ので、講座選びの参考にお役立て下さい。パンフレットを読んで具体的なイメージを掴み、モチベーションもアップさせちゃいましょう!

下記のリンクより、通信講座またはお住いの都道府県を選択してパンフレット送付をお申し込み頂けます。

>>医療事務講座の無料パンフレットを申込む

タイトルとURLをコピーしました